アスタキサンチンは熱に強い?弱い?熱で分解されない?

体に良い栄養素はたくさんありますが、その中には熱に弱いものも多くあります。
そのため、摂取する時の調理方法にも気を使わなければいけません。
高い抗酸化力を持つと言われているアスタキサンチンは、熱に弱いんでしょうか。

 

アスタキサンチンは熱に強い!

 

熱

 

ビタミンCやカリウム、葉酸など熱に弱い栄養素はたくさんありますが、アスタキサンチンは熱に強い性質を持っている事が分かっています。
一般的な家庭の調理法でアスタキサンチンが失われる事はほとんどないんだそうです。
これを知れば、アスタキサンチンを含む食材を気軽に使用する事が出来ますね。
ビタミンCなどの熱に弱い栄養素を含む食材は、出来るだけ生で食べるようにしなければ、などと神経質になってしまいますが、アスタキサンチンに関してはそんな心配はしなくてもいいんです。

 

アスタキサンチンの効果

 

効果04

 

アスタキサンチンは、高い抗酸化力を持っているという事で、近頃注目を集めている栄養素です。
抗酸化力とは、体内の活性酸素を除去する力の事で、活性酸素は適量なら体内の有害物質を攻撃してくれる良い存在なんですが、増えすぎると健康な細胞なども攻撃してしまい、体に悪影響を与えてしまいます。
体が老化していくのも、活性酸素が原因だと言われているんです。
アスタキサンチンの高い抗酸化力は、老化の防止や疲労回復、美肌効果、紫外線対策などに効果が期待できます。
だから、サプリメントなどにもよく利用されているんですが、アスタキサンチンは熱に強いので、普通の食材からも摂取しやすい栄養なんです。

 

アスタキサンチンを摂取するには

 

アスタキサンチンは、紅鮭やカニ、エビなどの赤い海産物に多く含まれています。
これらが過熱すると赤くなるのは、アスタキサンチンが含まれているからなんです。
これらを生で食べてもいいんですが、アスタキサンチンは熱に強いので、ソテーや炊き込みご飯、鍋などどんな調理法で調理しても、アスタキサンチンを効果的に摂取する事が出来ます。
栄養の損失を恐れることなく、美味しく食べられるのがアスタキサンチンなんです。

おすすめのアスタキサンチンサプリを比較した比較ランキングはこちら!

↓ ↓ ↓

アスタキサンチンサプリランキング