アスタキサンチンには記憶力に効果があるって本当?認知症でさえも改善!

 

年を取って記憶力が衰えた、と感じている人もおられるでしょう。また、若い人でも試験の時などに、もっと記憶力がよければ、と思った事がある人も多いと思います。アスタキサンチンには、その記憶力を高める効果があると言われているんです。果たして、本当にアスタキサンチンは記憶力を高めてくれるんでしょうか。

 

アスタキサンチンが脳の中の『海馬』の神経新生を高めるって本当?

 

海馬

 

筑波大学の征矢英昭先生とRakwao Randeep教授の研究グループによる発表によると、アスタキサンチンが海馬の神経新生を高めて記憶力を向上させたそうです。その研究では、大人のマウスに0〜0.5%の濃度のアスタキサンチンが含まれたエサを4週間与えた結果、最も多くアスタキサンチンを含むエサを食べたグループでは海馬の神経細胞の数が増加し、成熟した神経細胞の数も多かったそうです。海馬は脳の中でも学習能力を担っている部分ですから、その神経新生が高まるという事は記憶力の向上にもつながるんです。

 

認知症にも効果あり!試験結果で様々な症状が改善

 

さらに、順天堂大学大学院医学研究科加齢制御医学講座の白澤卓二教授のグループでは、物忘れを自覚しているけれど認知症などの脳機能障害のない50〜69歳の男性10人に12rのアスタキサンチンを12週間与え続けるという研究を行いました。その結果、注意力、判断力、記憶力などのすべてに改善が見られたそうです。また、脳波の比較テストにおいてはアスタキサンチンの12週間摂取後に集中力が高まったという結果も出ています。これらの結果から、アスタキサンチンが脳の力を高めることが期待されるんです。

 

パーキンソン病も改善?

 

パーキンソン病とは脳の神経細胞が変性しておこる病気で、手足の震えや動きの鈍化、筋肉が硬くなる、体のバランスが悪くなるなどの症状が起こります。このパーキンソン病のモデルマウスにアスタキサンチンを摂取させると、歩き方が改善したり活動性が良くなったりといった変化が見られたそうです。これらの事から、アスタキサンチンには神経細胞が死ぬのを防止する効果があると考えられ、パーキンソン病の治療薬となる可能性も期待されています。

おすすめのアスタキサンチンサプリを比較した比較ランキングはこちら!

↓ ↓ ↓

アスタキサンチンサプリランキング